Google Maps Platformとは何か

  • GoogleMapsPlatform利用はキー必須

    • 位置情報をインターネットで表示させるために利用する機能がGoogleMapsとなります。

      今までになかったGoogleMapsPlatformならこちらのサイトがオススメです。

      ほとんどの店舗や会社の公式ウェブサイトに利用されていて、最寄の駅などからのルートを表示させることも可能です。
      ウェブサイトを閲覧する人にとっても分かりやすく使いやすいというメリットを得られるので積極的にエンジニアも活用しています。実はウェブサイトを閲覧しているだけの人にとっては、あまり気がつかないことではありますが、GoogleMapsAPIは平成30年にGoogleMapsPlatformに変更されました。
      GoogleMapsPlatformへ変更されたことによって、全ての地図を利用するときにはGoogleアカウントで紐づけられているAPIキーを発行して、地図に埋め込むことが必要となったのです。



      Platformに変更したことによって、これまで有償で提供していたサービスが統合されたのが理由となります。



      かつては有償で提供していたサービスを、これからは従量課金制で利用することが出来るようになりました。


      とは言っても、ほとんどの利用者が料金が発生するほど使用することはないため、ほとんどの利用者が、これまで通り無料で使用することが出来ます。
      エンジニアが行う必要があるのは、今まで利用していた地図がAPIキーを割り当てているかどうかを確認するだけです。

      APIキーを取得していないときは地図が利用することが出来なくなってしまうため新たに取得する必要があります。