身元保証人がいないときの対処法 - 高齢者の身元保証について

身元保証人がいないときの対処法

subpage1

医療機関で手術や入院をしたり、介護施設に入所するときは身元保証人が必要になります。

いろいろな身元保証人がいない情報は必ず役に立ちます。

また賃貸物件を利用するときにも身元保証人が必要だと定めているところが多く、もしいない場合はサービスを利用でできなかったり、物件を借りることができないこともあります。
そして身元保証人というのは誰でもなれるわけではなく、安定した給料を得ているといった社会的に認められている地位が必要になることがあります。
そのため年金収入しかない人や無職の人は、なりたくてもなれないことも少なくありません。

ただ身元保証人がいない場合でも、対処法はいくつかあります。その1つが、身元保証人がいない人のために保証人になってくれるサービスを提供している会社を利用することです。



会社が定めた金額を支払うことによって、入院したり賃貸物件を借りるときに保証人欄に会社名を記載することができます。

記載できることによってスムーズにサービスが利用できるようになるので安心感を得られます。

気をつけておきたいことが、保証人サービスを利用する会社は年々、需要と共に増えていますが信頼できる会社かどうかを見定めることが重要です。

途中で経営がうまくいかなくなってしまったら、契約したときに支払ったお金が取り戻せなくなってしまうだけでなく、保証人になってもらうこともできなくなります。



会社の経営基盤がしっかりしているか、万が一の場合に支払ったお金は戻ってくるのかということを確かめることが欠かせません。