大卒よりも留学経験のほうが役立つ時代に

高卒初任給よりも大学初任給の方が高いことからも分かるように、日本はまだまだ学歴社会です。


世間では大企業と言われる上場企業であっても、社長と同じ大学を出ている人間が出世する、などという国です。

実力社会とは程遠いと言わざるを得ません。


だからこそ誰もが大学を目指し、一流大学に就職できれば一生安泰だという考えが当たり前になっています。

livedoorニュースの情報はこちらのサイトがオススメです。

確かに一流大学卒業は、今でも就職に有利です。

しかし、大卒という学歴そのものはもはや武器でもなんでもありません。


何故なら猫も杓子も大学に行くようになり、レベルにこだわらなければ誰でも大学に行けるようになったからです。

大卒ではなく、一流大学卒だけが就職に有利な時代です。


そして、一流大学卒だけでは、就職できて一生安泰ではない時代に既に突入しています。
一流大学卒というだけで、定年まで高い給料を払い続けていては、日本企業がグローバル競争の中で生き残れなくなってきているからです。これからは学歴ではなく会社に役立つ人材が出世する時代になっていきます。

大学に行くか、留学するかで悩む学生が増えています。


名前だけで就職が有利になるほどの一流大学には入れそうにないと悟った時、名前も聞いたことがない大学に入るよりは留学して見聞を広げた方が良いのではないかとの考えです。



至極真っ当な考えであり、これからの社会には欠かせない柔軟さです。

留学についてお答えします。

大学を休学してでも留学するほうが、就職する時期が遅くなろうと豊かな人生になることでしょう。