高齢者の身元保証について

subpage1

近年では単身高齢世帯が増えており、老人ホームなどに入居する場合に「身元保証人がいなくて困っている」という悩みが多くなっています。


このような場合に身元保証代行サービスを利用するという選択肢が出てくるのですが、特に高齢者ではその存在を知らないこともありますし、知っていても内容が分かりづらく利用を躊躇う人も多いです。

そろそろ生活が不安になってきたので家族のような立場で暮らしを支援してくれる人が欲しい、誰にも迷惑をかけたくないので老人ホームを利用したいと考えている場合は、施設入所前に身元保証の契約をすることが大事です。

こちらの高齢者の身元保証情報を見付けるのに、このサイトを参考にしてみてはいかがでしょう。

高齢者の場合、老人ホームに入りたいのに保証人がいない、別の保証人を立てなければならなくなった、身寄りが遠方のため緊急入院時の駆け付けや事務手続きなどができないといった状況に遭遇することが多くなってきます。


高齢者に必要なのは、主に入居身元保証サービスと入院身元保証サービスです。



前者のサービス内容は賃貸住宅や施設などの家賃、入所利用の契約で負担すべき債務の連帯保証、退去時の身柄の引き取りや保有財産の年次確認、そして退去時の居室内の搬出や整理、原状回復などです。
後者のサービス内容は、入退院時の手続きや入院時の生活用品の手配と自宅への送迎、入院費用の連帯保証などです。弁護士や司法書士、税理士、行政書士だけでなく、ケアマネージャーや介護福祉士、ヘルパー2級など高齢者の生活に関わる有資格者と連携し、安心できる生活を送るためのサービスを提供しているところにお願いしましょう。